沼民の備忘録

ただただ思いついたことを書くだけ

髑髏城の七人 鳥 観劇して参りました!

 

どうもこんにちは、ニコです!

 

今回は、ジャニーズ要素全く入っていないので、興味ない人には恐ろしくつまらない内容かもしれない……

 

良いんだよ!Uターンして!!

 

 

そんなこんなで行ってまいりました!

「髑髏城の七人 season鳥」

(ネタバレ、少しでも不快に感じる方も、Uターンお願いします。)

 

 

 

いやぁ、良かった!!!

何が凄いって、演者の体力よ!(っん?そこ?)

 

今回の舞台、客席が360°回転する舞台です。まずそこ、大事!

そしてそれ故に、演者は舞台に出続けなくてはならない。

 

過酷。過酷以外の何物でもない……

そんな中で、終盤に行くにつれて激しくなる殺陣。目にも留まらぬ速さで繰り出される剣技で私たちを圧倒して下さいました。

 

演者の方々、素晴らしい(パチパチ)

本気でスタンディングオベーションしました。

 

そして、ポチポチ話したいことがある!

その一

「捨之介(阿部サダヲ)と沙霧(清水葉月)のもどかしい仲」

沙霧、君は最初自分の気持ちに無自覚だったな……それを気づかせてくれた極楽太夫姐さんには感謝しかない。そして、捨之介。君はその好意に気づいていながら、何も言わないな!ちょっとはそれらしいこと言わないと、沙霧ちゃんが可哀想だから、時々ちゃんと言ってあげてね!!

 

その二

「蘭兵衛(早乙女太一)が不憫すぎる」

本当に、不憫。観ててツライ……彼の人生、もう少しいいことあっても良かったんじゃないか?

何なんだよ……かつての同士が主に成り代わってて、自分では主の後を継ぐには力不足だったのかと絶望し、そいつに口移しで変な飲み物飲まされて(ん?)洗脳され、挙句の果てに裏切られたと知り殺される…………

かなりのどん底じゃないか!??

彼がどうか無事に成仏できますように……

 

そして早乙女氏ファンが彼に熱狂する理由がほんの少し、わかった気がする。(全てを語るにはまだまだ知識不足だ)

彼の動きは、役に合わせたからか、総じて艶めかしい。声も色っぽさが前面にでた、アダルトボイス(イメージ:いいところのジンジャーエール)。でも、殺陣になると本当に素早い。でもその中に艶やかさを残す演技力。本当に、素晴らしかった。

 

その三

「アドリブがヒドイ(褒めてる)」

本日は8月13日ですね(にこっ)

って突然言い出した時には何事かと思ったw

捨之介くーん、雷に撃たれた人に勢いよく心臓目掛けてハンマー振りかざさないであげてぇ……やりすぎでハンマーの持ち手ちょっと曲がってたじゃないの……(さいこーですw)

 

その四

「天魔王の側近の姐さんがカッコいい」

女性であの身のこなし、マジカッコいいっす!!って素直にビビった。軽く目を見開いたよ……そういえば、彼女も不憫な最期であったな(トオイメ)

 

その五

「極楽太夫姐さんカッコキレイ」

花街ならぬ、無界の里(遊郭)の長である女性。関東一と噂されるその妖艶さ、里の皆をまとめあげる姉御肌気質。里で一緒に暮らしていた女性たちを皆仲間だと言い、守ってきたというその生き方。本当にカッコいい!極めつけは、終盤、七人が強いバックライトを浴びてシルエットが浮かび上がる瞬間。そのシルエットに金一封差し上げたい。って真面目に考えそうになった(おっと、いっけねぇ)

しかし、お気を付けを。「会って極楽、遊んで地獄」ですから。

 

 

まぁ、言いたいことは言えたかな?

キャストのアレコレに関しては、ひとまずOKと言うことで!!

 

 

ちょっと長くなりそうなので、演出の凄いと思った所は別で書きたいと思いますw

 

(注)誤字脱字は、皆様の想像力で補完してください