読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼民の備忘録

ただただ思いついたことを書くだけ

Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 Dear 個人的感想




こんにちは、ニコです!
いやぁ、みなさん、待ちに待っていらっしゃったのではないですか?
ついに、ついに、発売になりましたよ!!
Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 “Dear”

待ってました!(私は)

全部通して感想を述べる気力、体力、時間、何もかも無いので一人ずつ、ここが私的に良かったと人にお勧めしたいところを書いていこうかと思います。
期待しないで見てください。(おすすめとか言っておいて)
(ちなみに、私はライブに行けなかった人です。夏は私情により、ひきこしてました笑)


No,1 Ryosuke Yamada
来ました、絶対エース!今回もViva 9’s soulやりましたので、みんなに絶対エース「山田涼介」という印象を強烈に与えています。
このライブを語るうえで、彼を語らず何を語ろうと言うのか!

演出「山田涼介

です!
本当にありがとうございます、ファン(主に私)の今見たい演出です!あぁ、オイシイ……
腰の状態も心配されるさなかでのライブ。きっと相当大変だったのだろうと思います。でも、そんな素振り全くありませんからっ!!
カッコよく踊って、可愛く時にニヒルに笑い、綺麗にハモって……Dearのハモり、マジで最高です!!
デビュー曲や、今まで毎回歌ってきた曲をあえてセトリから外したことも、この曲順にしたのも、本人にたくさん質問したいです!

そして、ここまでの流れと全く関係のない方程式をひとつ
カラコン+首にタトゥーシール+山田涼介=エロい


No,2 Yuri Chinen
「可愛い知念ちゃん、男になる」の巻
です!!
今回、全体的にカッコ良さやセクシーさを求められる楽曲が多かったのも、男・知念をたくさん感じられた一つの要因だったのかなぁと感じています。
そして言わずもがな、
ダンス、マジで正確
身のこなし、本当にキレイ……
また、いつものように可愛いらしい笑顔を見せてくれたり、山ちゃんと二人の世界に入ったりと、こちらをドギマギさせてくれます。
(なぜ、草葉の陰から見守っている我々のほうが、恥ずかしくなるのでしょうか……)



No,3 Yuto Nakajima
彼も、問題児ですよ……なぜ、なぜ、
そんなにイケメンなの!?!?
いたるところに出てきます、彼のイケメンポイント。顔のラインが途轍もなくくっきりしていらっしゃるから、横顔が絵になるんですよ!仮面外すところは見逃せません!!美しい。堀が深い。
本人もそれを知っているのだから(きっと)、憎たらしいったらありゃしない!
しかし、彼はそれだけではありません!曲中、奇声が聞こえてきたり、やけにダイナミックな動きが目に止まったら、それは彼です。最たるは「We are 男の子」、必見です!!



No,4 Keito Okamoto
私は、彼を褒めたいんです!!
ダンス、上手くなったね!!泣
めちゃくちゃ「お前、何様だよ」と言われそうですが、でも言いたかった。
2年前のsmartのソロアングル、見てください!これは、私がJUMPの一人ひとりをきちんと見るきっかけになりました。みんな、踊り方全然違うんですよ!なのに揃って見えるのが、本当に面白かった!!
って、全然圭人君のこと話してない笑
印象的だったのは、ユニット曲「僕とけいと」
知「もしもし、圭人。今どこにいるの?」
岡「後ろにいるよ」

後ろにいるよって何!??

あれでしょ??みんな知ってるメリーさんでしょ??
メ「もしもし、今、あなたの後ろにいるの」

怖くね??

圭人君、いや、一般人が言ってたら滅茶苦茶怖かったと思うよ……
でもそれをさも当然といった風で受け入れている知念ちゃん……
知「あ、いたいた」
さすが、二人の関係性(グッジョブ)



No,5 Daiki Arioka
彼も、私の中の笑いの沸点を超えてくるんです……
仮面舞踏会で彼はきっとアタフタして、本来エスコートするはずの女性に心配されるのだろうと想像すると、可愛くてかわいくて……
My girlでは、山ちゃんと一緒にキレッキレのダンスを見せてくれて、やっぱりカッコイイところもあるのねぇ、と感心しました!←何様じゃ!!
RUN de Booでの、
有「よってらっしゃい、見てらっしゃい」

ここは祭りか?仮面舞踏会はどこ消えた??
ほんの少し頓珍漢なことを言うのもご愛嬌。テレビで見せるカワイイ大ちゃんと、ライブでしか見れないカッコイイ大ちゃんの両方を楽しめます!!
(ありがとう、見た目年齢永遠の5歳児orz)



No,6 Yuya Takaki
毎度思っているのですが……

エロすぎんだよぉぉぉぉおおお!!!

今回、ハット被っている時間が長いのですが、なかなか見えないお目目が、見えるたびに……


だから、エロいって(怒)
精神年齢最年少のくせにぃぃぃいい!!見せ方だけは学習したのか??

彼はこの年、全力でファンサービスしに行くと語っていた雄也くん。ツラいです……
ニヒルな笑みが最高にお似合いです。
ただ、マイクで目を隠され声を変えて歌う(つまりは何か罪を犯したな?)お茶目さ、ありがとう!甘辛雄也くん、オイシイよ(ぐっ)



No,7 Kei Inoo
宣言させて頂きたい。私は伊野尾寄りAll担であります!←誰も求めてない
という訳で、少々うるさい可能性があります。もうすでにうるさいと思っていらっしゃった方、申し訳ありません。さらに騒ぎます。中身のない叫びが続くかと思います。


いやぁ、エロカワイイよぉ(大好き)

Speed It Upでの二の腕出す感じ、orderでのソロパート中のウィンク、何かいけないものを見てしまったような……
背徳感とでも言いましょうか……とにかく、
なんて、罪な男なのだ!!
みんなきっと、普段見せる可愛らしい笑顔の裏に隠された色香にイチコロですよ!!

あぁ、その前の年にみんなを魅了させたカワイイ猫ちゃんは、何処へ??
あんな伊野ちゃんをめざましテレビ陣が見に来ていたのかと思うと、新たな一面を見て頂けたのではないかと(親のように)うれしく思います。←ほんと、何様のつもりで書いているのか……
ピーチガールの撮影の影響があったのか、普段の伊野尾慧よりチャラさが4割増くらいになっていました。スタンディングオベーションものです。
普段少女漫画を読まない勢の私も、今回ばかりは頑張って観に行こうと思っています。「すべては、伊野尾慧のために」
(DVDの話のはずが、なぜか映画の話で終了するという不思議)



No,8 Hikaru Yaotome
毎度思うけど、
ベース弾いてる姿、滅茶苦茶カッコいいなぁ!!
ひかにゃんがベースを弾く際、一番注目すべきは、その男らしい手!骨ばっている感じが何とも言えんのですよ。
そして、格闘技をやっているからか動きに実用的なキレを感じます。
大ちゃん=芸術的なキレ、ひかにゃん=実用的なキレ。ありがとう、眼福眼福……

また、どうしても変な声を出したくなるのも彼。裕翔君と揃って変なことをして面白くしてくれたり、時にチンプンカンプンにさせてくれたり、
さすが、ひかにゃんクオリティー……
一番訳が分からなかったのは、

八「地球人のみんな、気持ちを聞かせてくれ」

私「はぁっ???」

こんな反応をとってしまったことに関して、「私には何の罪もない、無罪だ」という主張を貫いていきたいと思う。いや、だって意味わからんよ……
ただ、それを見ていた裕翔くんが
中「何それwwwww」
となっていたので、結果オーライ。裕翔くんにつられて笑ってしまう謎、ぜひ仕掛けたであろうひかにゃんに答えて頂こうと思います。←無理



No,9 Kota Yabu
お待たせ、やぶちゃん。今回やぶちゃんと薮帝王について書きたかった故に、この記事を書いたといっても過言ではありません。←(注)伊野尾担
SUPERMANとDearが最高だった。ほんと、ハモりで「やぶ×やま」コンビは最高だと思っている。(その次に「やま×けいと」コンビ。圭人くんの声がもう少し主張しても良かったなぁ、圭人くんもう少し前に出てきてほしかったなぁ、でもギターは素敵だったなぁ……という前作の回顧。でも本人楽しそうだからヨシ!)
彼は、ふとした瞬間に見せる鋭い目線にみんな魅せられてしまう。魅せる力がある。ただ、それを大盤振る舞いせず、如何にも「あっ、零れ落ちちゃった」的なチラリズム感を出してきてくれるところに、最大の魅力があると思っています。
Masqueradeから、彼の視線攻撃は炸裂です。彼の場合、Sじゃないの、
ドSなのっ!!!!!

そして舞台はシャンデリア(ジャンデリアか?)から降りてきた後のやぶやまダブルセンター!
帝王にロング丈着せて前に立たせてくれた人に、お歳暮あげたい……ありがとう、帝王担はこれが見たかったはずだよ!!供給してくれてありがとう!!!

そんな彼は去年のクリスマスに入籍したそうですね、ひかにゃんと……これは軽率な発言をしたね、ひかにゃん。
毎年毎年クリスマスにやぶひか担が「結婚記念日」というタグをつけてTwitterは荒れるね、だって去年荒れたもん笑
(キス未遂事件の現場の目撃者になりたかった……)




終わりに
私はSUPERMANの始まる前の映像や、order前の「世界の増田」プロデュース衣装の紹介が最高に心つかまれました!
・衣装紹介
圭人くん、さいっこーにカッコいいよ!
年々進化している英語紹介パート。大ちゃんが祭に仕立て上げた会場を、仮面舞踏会チックな雰囲気に戻してくれます笑←言いたかっただけ
本当にオシャレ。オシャンティー。夕暮れ時の代官山や恵比寿のようなオシャレさだよ。
最後に「HEY SAY JUMP」と圭人くんが言った時の歓声。完成されたマジックを体験した人たちがこぼす様な感嘆の声。本来、感嘆の声は小さいはずだと思います、零れるもので意識して出している訳ではないから。ただ、はっきりマイクに入ってる。それが、本当に嬉しかったです。
・SUPERMAN Inter(私の勝手な命名)
JUMPメンバーでどこかに侵入しているのでしょうか。Twitterで情報を得た去年の夏ごろは、Smartのアップデートなのかなぁと思っていたのですが、ところがどっこい、予想以上でした。
最初に「蝉」風の山ちゃんが現れた瞬間に、2年前の彼らとはもはや風格が違うなと、息をのみました。最後、段々一列に歩きながら並んでいく映像美。
カッコキレイね、そっち路線開拓したのね!!
ずっとついていこうと思いました!




近年、ダンスのキレが最高にかっこいいなと日々惚れている私ですが、そんな彼らも今年10周年!アニバーサリーイヤーです!!
最高のお祝いパーティーを企画してくれていることを祈って、締めさせて頂こうかなと思います。

(最初の頃より口調砕けて読みやすくなったなぁと、感じて頂ければ嬉しいです。でも結局硬さが出てくるっていうね笑 もう少し頑張ります。でも、多分これが限界w)